レーシックで乱視矯正

レーシック(LASIK)は近視の治療法として多くの人に受け入れられるようになってきていますが、実はレーシックは近視だけでなく、乱視や遠視も矯正できるのです。
そもそもレーシックはレーザーを使って角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する「角膜屈折矯正手術」ですから、近視と同様「屈折異常」に分類される乱視や遠視も当然治すことができるのです。
多くの人がレーシックの手術をわりと気軽に受けるようになってきたのは、レーシックの臨床例が増え、その安全性や成功率も明らかになってきているからですが、すべての人にレーシックが適用できるわけではありません。
乱視の治療のためにレーシックを受ける際は、まずは医師に相談し、レーシックを受けることができるかどうかを確認しましょう。もし受けられない場合でも、イントラレーシックなど、他の手術なら可能なこともあるので、そちらの方法を検討することもできます。

レーシックと保険

レーシックは、最近ポピュラーになっている視力矯正手術です。レーシックは現時点で既に多くの臨床例があり、これまで失明の報告例ないという安全性や、視力回復の成功率の高さから、レーシックの手術が可能である人にとっては安心して受けられるものとなってきています。
レーシックに限ったことではありませんが、手術を受ける際に成功率とともに気になることが、その費用です。レーシックに保険は適用されるのでしょうか。
レーシックは自由診療のため、美容整形同様、健康保険がききません。よって、レーシックを受ける際は、全額自己負担になります。しかし、レーシックの費用を抑える方法がないわけではありません。レーシックには、健康保険は適用されないのですが、生命保険や医療保険においては、契約内容や保険会社によるものの、実は手術給付金の対象になっていることがあります。レーシック手術前に保険会社に問い合わせ、給付が受けられるかどうか必ず確認しておきましょう。なお、手術給付金の請求をする場合は、医師の診断書が必要です。

オルソケラトロジーとは

「オルソケラトロジー」という視力回復法が近年話題になっています。オルソケラトロジーとは、「角膜矯正療法」という意味です。これは主に寝ている間、特殊なコンタクトを装着して視力を回復し、それによって日中は裸眼で過ごすことができるというものです。
コンタクトレンズを外している間メガネをかけて、コンタクトレンズの装着時間を短くしているという人も少なくありません。しかしこれでは、コンタクトレンズの連続装用は避けられても、常に何らかの矯正器具を使っていることに変わりなく、何かと不便なものです。「オルソケラトロジー」は夜寝るときにコンタクトレンズをして、朝起きてはずすと、日中は裸眼で過ごすことが可能となります。
「オルソケラトロジー」の視力回復効果は、仮性近視の場合にはとても効果的で、完全な視力回復も望めるようです。しかし、基本的には視力回復効果が持続するわけではなく、やめてしまうと2カ月くらいで元に戻ってしまうようです。
とはいえ、「オルソケラトロジー」は、将来的には短期間のコンタクトレンズの装着で、長期間の視力回復が実現できる見通しがあるようなので、有望な視力回復方法のひとつと言えるでしょう。

視力回復センター

視力回復センターとは、薬や手術に頼らずに、目の自然治癒力を利用して視力回復のためのトレーニングを行う場です。
視力回復センターは医療施設ではないので、どんな症状の人にも対応できるわけではありません。まずは視力回復が見込めるか否かをチェックし、視力回復センターでは対応できない人には、専門医にかかることをお勧めする場合もあります。目のケガや病気が原因の視力の低下であれば、まずは専門医にて治療を行ってください。視力回復の見込みのある場合のみ、トレーニングに入ります。
視力回復センターのトレーニングは、対応が早ければ早いほど効果が上がります。視力回復センターの多くは、無料体験も受け付けているので、視力の低下に悩んでいる方は、一度視力回復センターに足を運んでみるといいでしょう。遠方にお住まいの方は、視力回復センターの利用を躊躇されるかもしれませんが、なかなか通えない方のためのシステムも用意されているので、視力回復見込みチェック時に担当の視力訓練士に相談するとよいでしょう。

視力回復にブルーベリーサプリメント

視力回復に良いとされる食品にブルーベリーが挙げられます。これは、ブルーベリーに含まれる「アントシニアン」という色素に視力回復の作用(網膜の「ロドプシン」の再合成を促進)があることに由来します。
ブルーベリーについては、生の果実なら一日に90g以上の摂取で視力回復の効果が見られるという報告がありますが、よほどのブルーベリー好きでない限り、とてもじゃないけど毎日なんて食べられませんよね。毎日生のブルーベリーを食べるというのは、いくら視力回復のためとはいえなかなか大変です。また、ブルーベリーなら何でもいいというわけでもないようです。
そこで視力回復のためにオススメなのが、ブルーベリーのサプリメントです。ブルーベリー(特にアントシニアン)の効能が凝縮されているブルーベリーエキス使用のサプリメントなら、少量でも大きな視力回復効果が期待できます。
とはいえ、ブルーベリーのサプリメントでもその効果には個人差があります。視力回復を真剣に目指すなら、ブルーベリーサプリメントを摂取する以外の方法も検討するといいでしょう。

視力回復にブルーベリー

ブルーベリーは、視力回復に良いといわれる食べ物の代表格です。
ブルーベリーには「アントシニアン」という成分が含まれています。このアントシニアンが、ブルーベリーの特徴である紫色の正体なのですが、これが視力回復に作用します。
人間の網膜には「ロドプシン」という紫色の色素体があります。このロドプシンには光の刺激を脳に伝える働きがあり、これによって「物が見える」と感じるのですが、眼を使っているうちにロドプシンは徐々に分解されてしまいます。ブルーベリーに含まれるアントシニアンが、このロドプシンの再合成を活発化させてくれるのです。それゆえ、視力回復にブルーベリーが役立つと言われているわけです。
ブルーベリーは視力回復食品として、日本だけでなく、世界中で注目されています。視力の低下にお悩みの方、パソコンをよく使う方、車を長時間運転する方は、ブルーベリーを積極的に摂取するといいでしょう。

視力回復手術の種類

視力回復手術の種類はいろいろありますが、角膜にレーザーを照射して削ることで屈折率を変えて視力回復させるものが多くあります。
視力回復手術の種類は、フラップを作るものとして「レーシック」「イントラレーシック」「エピレーシック」「ラセック」「ウェーブフロントレーシック」「イントラウェーブフロントレーシック」などがあります。
視力回復手術のうち、フラップを作らない物としては、放射状角膜切開術を意味する「RK手術」、直接角膜上皮を除去し角膜実質層にコンピュータ制御のレーザーを照射して行う「PRK」などがあります。
強度の近視で、これらの視力回復手術が受けられないほど角膜が薄い場合には、人工レンズを角膜と水晶体の間に挿入して人工レンズで屈折率を大きく変えられる「フェイキックIOL」という視力回復手術もあります。
視力回復手術は、適合検査を事前に受け、自分に一番あった方法を選ぶようにしましょう。

視力回復手術を受ける前に

視力回復手術は、入院をしなくてもよい比較的短時間ですむ簡単な手術がほとんどですが、視力は人が生活する上でとても大切なものですので、手術を受ける際には注意すべきことが若干あります。
視力回復手術を受けるにあたってまず重要なのは、病院選びです。
視力回復手術を行っている病院はたくさんありますが、まずは日本眼科学会認定の眼科専門医やレーシック専門医がいるかどうかをチェックしましょう。それから「厚生労働省からの免許を持った視能訓練士(ORT)が適合検査を担当しているか」「視力回復手術に必要な機器がそろっているのか」も調べておく必要があります。
視力回復手術後のアフターケア体制が整っているかどうかも、忘れてはならないポイントです。万が一視力回復手術が失敗したり、合併症を発症した場合のことなども考慮しておいたほうがいいでしょう。
徹底的に下調べして、信頼できる病院を選ぶことが、視力回復手術を受けようとするときに最も大切なことなのです。

視力回復トレーニングの種類

視力を回復させるトレーニング方法で代表的なものに、視力回復画像を使ったものがあります。
視力回復画像というのは、一般的には立体視といわれているもので、左右の目で別々の写真を見ることで立体的に浮かび上がる画像のことです。
視力回復トレーニングでは、平行法と交差法の二つの立体視のテクニックを使います。平行法は左右の目をまっすぐにして視線が交わらないように見る方法、交差法は左目と右目の視線を交差させて見る方法です。
立体視しようと、寄り目にしたり、遠くをぼんやり見るようにしたりすることで、毛様体の柔軟性が回復していきます。
視力回復の度合いによって、複雑な画像に挑戦していくのがトレーニングのコツです。
視力回復トレーニングは、視力回復画像を使うだけでなく、動画を使ったものもインターネット上で公開されており、動体視力のトレーニングもできるようになってきています。

視力回復トレーニングとは

視力回復トレーニングとは、視力を回復するための方法の一つです。
わたしたちの目が物を見る仕組みはどうなっているのでしょうか。まず光が目に入ると水晶体で屈折し、網膜上で焦点を合わせることで、はっきり物が見えるようになっています。視力が低下した状態というのは、毛様体筋が凝り固まってしまい、水晶体の大きさを適切に動かすことができず、ピントが合わない状態であるといえます。
視力回復トレーニングは、毛様体筋を鍛えて、水晶体を調整して視力を回復させるものです。
視力回復トレーニングは、従来は雑誌や本で写真や画像を使うものがほとんどでしたが、コンピュータとインターネットの普及に伴い、インターネットを使ってのトレーニングもできるようになりました。また、携帯ゲーム機を使った視力回復トレーニングのソフトも登場しています。
視力回復トレーニングの一番の方法は、途中で諦めず、継続して行うことです。焦らずにコツコツと視力回復トレーニングを続けましょう。
視力回復方法HOMEへ